契約する前に|区分マンションで投資を考える

お金を持つ人

有効な資産活用

男性

マンションは時代ともに変わります。その為にマンション管理会社は必要です。会計や清掃、設備、長期修繕計画、管理規約見直し、こういった業務を委託し将来を見据えた管理は、資産価値に影響を与えます。管理が行き届いたマンション管理会社の選定は重要です。

詳しく見る

留守宅を賃貸するなら

女性

リロケーションとは一定期間の間に家を貸し出すことができるサービスです。賃貸中は家賃収入も入りますし、住人がいる事で家のメンテナンスに一役買ってくれます。比較的最近始まった新しいサービスですが、メリットも多く選択肢のひとつとしてお勧めです。

詳しく見る

専門業者に入ってもらう

住宅と硬貨

アパートやマンションの賃貸管理は、大家さんではなく、管理会社が行うことがほとんどです。大家さんと入居者の間に入って、双方が快適に過ごせるような関係性を築いていきます。また、入居者間のトラブルなども穏便に解決していきます。

詳しく見る

契約内容に応じた確認

集合住宅

利益が続くかが重要点

区分マンションを購入することによって不動産投資を行う場合には、契約内容をよく理解して取捨選択を行うことが大切です。長期的に利益が続いていくことが不動産投資を行うときには最も重要になります。ローンの返済を行って、それからも毎月家賃に由来する収入を得ていくことが目的になるからです。そのため、物件を選ぶときには本当にその物件を購入したら利益が長期的に続いていくかどうかをよく吟味しなければなりません。契約内容に応じて考える必要があるのは、区分マンションによる投資では管理の方法が予め定められていることが多いからです。区分マンションを販売している業者が管理も行っていることが多く、購入時に管理業務についての契約も結ぶことになるのが一般的になっています。そのときにどのような形で収入が得られるのかを理解しておかないと利益が得られずに悩んでしまうことになりかねません。形式として空室かどうかに関係なく一定の家賃を払うもの、入居者がいる場合に家賃から管理費用を差し引いた額を払うもの、空室時にも一定額を支払うものの入居者がいれば家賃から管理費用を差し引いた額を払うものという三つのパターンが一般的です。もし空室であるかどうかが関係ない場合には、その金額がどの程度になっているかが物件選びのときの重要なポイントです。一方、入居者の有無が関係する場合には区分マンションの立地や需要、管理会社の信頼性なども加味して投資する必要があります。